クラシアンでトイレの小便器の悪臭トラブルを予防する

昔よく見かけたチューリップ型のトイレの小便器は今は少なくなっていますが、それでも古い建物等には存在しています。掃除という面で見ると、チューリップ型の方がストール型や壁掛型に比べて清掃する面積が小さいので楽というメリットもあります。こうしたチューリップ型のトイレの小便器が故障したり、問題がある場合、多くの方がクラシアンを利用しています。飲食店などの店舗では、トイレが故障するとお客様が利用することが出来ないので、クラシアンにも依頼が非常に多いのです。

小便器でつまりなどの問題が起こり、修理を依頼される事も多いですが、悪臭がひどくなって何とかしたいという悩みをクラシアンに相談してくるお店や企業等も多いのです。小便器は独特な形をしています。底の尿が流れていく部分にどうしても尿が付着し、尿石ができるという問題があります。尿石ができると、その尿石から悪臭が発生します。この悪臭がかなりしつこく、また小便器は排水が小さいという事もあり、一旦つまりを起こすと何度も繰り返すなど、直ったかと思うとまた故障するという状態が継続する事もあります。

チューリップ型は排水の部分が長く出来ているので、詰まりが出来れば余計に問題が多くなります。クラシアンではニオイの処理について、トイレ用洗剤を排水口の蓋部分に使用し、30分から1時間程度おいて流してみるようになど、ホームページでアドバイスも掲載しています。

日頃からメンテナンス、点検などをしっかり行い清掃を怠らないことが大切ですが、忙しいと常に気を配っていることも難しいでしょう。トラブルの前にクラシアンで点検してもらい、必要があれば修理を考えてみてもいいでしょう。