クラシアンのトイレの小便器の修理とは

男性用として設置されているトイレの小便器の形にはストール型、壁掛型、チューリップ型の種類のトイレがあります。いずれも立って用を足せるように作られた小便器です。駅や店舗など大勢の方が利用されるため、清掃などもしっかり行っておかないと色々なトラブルが起こることもあります。

小便器の中でもストール型のトイレは、今一番多く普及しているものと考えられます。最近のものはセンサーが作動して、人がいなくなるとセンサーが働き水が流れる仕組みになっています。トイレの小便器のトラブルは、このセンサーが作動せず水が流れない状態になっている、センサーが作動したのはいいけれど水が止まらない状態になってしまったという事があります。それに加え水が詰まったり、床と小便器の間から水が漏れるという事もあります。

クラシアンでは個人宅のみではなく、お店や企業等のトイレの修理も対応しています。しかし、トイレがストール型の場合センサーの故障なのか、それとも配管がおかしいのか、どこかのパッキンが緩んで水が漏れているのか等調べなくてはなりません。クラシアンを依頼する際、修理に大きな金額がかかる場合、オーナーに確認が必要だったり経理に書類をあげなければならないという事もあります。

クラシアンでも小便器のトラブルは厄介なものが多いと伝えており、早めに点検・メンテナンスを行うようにした方が、大きなトラブルにならないと伝えています。もしも小便器に問題があるようなら、クラシアンにまず無料で電話相談してみることをおすすめします。クラシアンは依頼され、その現場で状況を確認し見積りし、そこで納得できず今回は修理しないとなっても料金が発生しません。見積り、出張費、点検等は無料なので、企業やお店などで修理を依頼するという時でも安心です。